競馬の予想をつづるブログ

流れ、ラップをメインに競馬予想をし、文章に残し、レース後に自分で答え合わせをするためのブログ

10月27日に期待するお馬さんたち

・東京2R マイディアライフ
前走口割りすぎな上に直線ヨレヨレ。
400メートル距離短縮でなんとかなると思ってる。


・新潟3R ラブヴィサージュ
前走ダートで変わり身。前に壁を作れず終始引っ張っていた。

短縮は歓迎。

前にうまく壁を作って折り合えば。


・京都3R コルデトゥリーニ
POG馬。ダイワメジャー牝馬なので脚を溜めすぎず流れるペースに持ち込んでくださいお願いします。池添とかこういう馬に合うんだろうなあ。


・新潟6R ランドジュピター

ダート長距離を捲って好走できる馬。というか、前走人気薄で本命にして4着、今回人気のパターンでほんとクソ。新潟のコーナーは急すぎて捲れないので、向こう正面で捲ってね。

距離は長ければ長いほど良いタイプだと思う。


・京都7R トウカイオルデン
前走1番人気で北村宏司による芸術的などん詰まり芸を披露。こういう馬は次のレースで買うって決めてる。


・東京10R ルッジェーロ
前走前半ひっかかった上に常に外を回される苦しい競馬。また、休み明けで重かったか。今は左回り1400〜1600mの湿った馬場がベスト条件な気がするので、ここで狙いたい。相手関係はまったく見てないので知らない。

前走内で閉じ込められて何もできなかったレイダーも良いと思ったが、モレイラ乗るし人気ですよネー。

 

・東京11R シェーングランツ
POG馬なのでただの納税。

穴党的な真面目な本命はウインゼノビア。たてがみが金色なのがまじでかっこいい。イケメン。トーホウジャッカルとかウインフルブルームみたいな。全然真面目な理由じゃなかった。


・京都12R テイエムディラン
というのは嘘。この馬は田中健が乗り替わったら買います。

まじで田中健は折り合いがつかない。


・新潟12R オーバースペック
2歳時に勝った未勝利戦を見てファンになったので。新潟2歳ではお世話になりました。

 

 

10月13日に期待するお馬さんたち

京都8レース

サンライズブリッツ

前走は不良馬場が合わなかったし、泥をかぶって走る気をなくしたか。

3走前は差し決着を先行勢最先着の2着。2走前は馬体重+28キロでの出走で、逃げを打ったが休み明け太目残り感の強いラストの失速で4着。状態と展開が整えばもっと走れるはず。

しかし、未勝利戦を勝てず今回は昇級戦となるのでどこまで対応できるか。

自信はそれほどないがこの人気なら買ってもいいかも。

 

 

京都10レース

◎ウインクルサルーテ

○カレンシリエージョ

▲エッジ―スタイル

 

ウインクルサルーテは2,3走前はどちらも後方から上り3F最速を出す。2走前は馬場と展開が向かず。

前走はそれまでよりも前の位置で進めるも、直線で内で包まれ動けず不完全燃焼。

今回は叩き2戦目で、前回のような位置取りができれば好走可能。

 

カレンシリエージョは2走前にかなり強い競馬。前走紫苑ステークスでは道中後方から2番手まで押し上るシーンもあったが直線止まってしまった。ジョッキーは坂で止まったと言っており、平坦の京都替わりはプラス。また、前走の出遅れは輸送でテンションがあがってしまい入れ込んでいたことが原因のようで、こちらも京都替わりはプラス。スタート決めて先行する競馬での好走を期待。

 

エッジ―スタイルだが、上記2頭はハービンジャー産駒。この馬もハービンジャー産駒。そういうこと。

 

 

東京10レース

 

◎バリス

○ショウナンライズ

△ナンヨーアミーコ

 

4/29に行われた晩春S出走馬を高く評価しており、◎・○の2頭はいずれもその該当馬。中でもバリスは2着好走。今回休み明けではあるが、調教の時計の出方は過去最高に良さそうで、過程も良い感じ。前走は仕掛けが遅かった感あり、今回はさらに良い騎乗可能。また、東京1400はベストコースであり、ここは狙いたい。

ショウナンライズは晩春Sで先行できず6着だったが、その後先行で結果を残しており、前走はオープンクラスで2着と、充実模様。調教は順調で、東京1400も実績あり。

ナンヨーアミーコは毎回必ず良い末脚を使ってくれる良い馬。極端な前残りでなければ、広い東京コースは向く。最近続けて1200を使ってきていたので200の距離延長で折り合いがどうかというところだが、逆に追走が楽になってよくなる可能性もある。思ったより人気がなさそうなので狙いたい。

 

 

番外編

POG指名馬

東京3レース ソルドラード

東京5レース メッシーナ

指名馬出走時には納税が義務です。

宝塚記念 2018

このブログは自分の考えを整理するためのもの。

めっちゃ当たる人が書いているわけではない。

当てたい。。。

 

展開予想

阪神芝2200メートルは特殊なコースで、前半のペースが上がりやすいことが特徴。
というのも、スタート直後が下り坂だからというのが大きな理由の一つだろう。
向こう正面ではペースが緩むことはあるものの、内回りであることからか、持久力を問われるレースになることが多い。
すなわち、キレで勝負する馬よりも、長く良い脚を使える馬を狙いたいところ。
今回はおそらくサイモンラムセスが逃げ、前に行きたがる馬が他にいないことから、宝塚記念としてはそれほど速いペースにはならないかもしれないが、雨による馬場悪化でキレ脚が使いづらい状況なので、やはり持久力が必要だろう。
このような前提で各馬について考えることとする。馬場がめっちゃ回復したらそれはもう知らんね!

各馬予想

1.ステファノス
休み明け叩いて全力、という藤原厩舎の仕上げ方の典型パターンを見せる馬。
前走は海外帰りの休み明け、トップハンデ、コース取り微妙だった。そして叩き仕様で反応がいまいちだったので当然の敗戦と判断していいだろう。
昨年は香港C→金鯱賞6着→大阪杯2着だったので、前走の大敗だけで評価を下げすぎる必要はないと思う。
道悪は3歳時に価値はあるが、去年の天皇賞・秋を見ると得意ではないのかな。
ただ、これだけ人気が落ちるようなら狙ってみたい。

2.ノーブルマー
スローの展開で直線先団から脚を使う競馬がこの馬の好走できるときのパターンだと思う。
前走は前残り馬場をスローで先団につけてラチ沿いを走っての2着。
あからさまに展開が向きそうだった前走とは違い、今回は適性としては強調しづらい。
血統的には道悪はこなせるだろうし、実際に道悪成績も悪くないが、前走がメイチだった感もあり、どうか。

3.サトノダイヤモンド
有馬記念を勝った時のラップなどを見るに、長く脚を使うことは問題ないだろうし、持久力に不安はない。
しかしながら、フランス遠征で明らかに馬場適性がなかったのを見ると道悪は厳しいと考えるのが妥当だし、帰国後も不甲斐ないレースを2戦続けている。
金鯱賞はあの流れであの位置から差すのは物理的に厳しいというのはある)
追い切りではうまく走っているようではあるが、陣営は良馬場で走らせたいと言っているし、馬が精神的に落ちていることも考えられる。
今回は人気になるようだし、買いたくない。

4.ミッキーロケット
穴人気しそうな馬。内ラチ沿いを走れば期待以上に走ってくるタイプで、ズブさからもタフな展開は悪くなさそう。
しかしどうも道悪が良くなさそう。去年の大雨の天皇賞・秋を現地で見ていたら、返し馬から走りづらそうに見えた。
また、距離ももう少しあったほうがよさそうにも感じる。ここは見送りたい。

5.ストロングタイタン
前走は良い走りでトリオンフに勝利。長く良い脚を使った。道悪も走れる。
ただし、叩き2戦目の前走がメイチ仕上げだったようにも思う。
このメンバー相手にどうかだが、明確な消せる理由もないので押さえる価値はありそう。

6.アルバート
生粋のステイヤー。長距離を走りながらも最後にスッと加速できるのが特長。今回は明らかに距離は短い。が、こんなに人気がないとは思ってなかった。とはいえ今回特に強調材料がないし、阪神競馬場があっているようにも思わないので。。。

7.パフォーマプロミス
この馬がここ最近かなり人気になる理由がよく分からないが、毎回馬券内に来てるし、強いんでしょうな。
目黒記念でお前が飛んでくれていれば三連複が跳ねたのに...っていまだに根に持ってる。
血統的には道悪走れそうだし、阪神コースも悪くはなさそう。前走は外を回らされても最後差してこれたのは良い。
追い切りはかなり良い感じらしいので、評価は高めにしたい。だけど想定以上に人気になりすぎですよね。。。

8.ダンビュライト
最高速はそれほど速くないタイプで、長く良い脚を使える。そのため、阪神2200は好条件。道悪も大丈夫。
前走は初の海外競馬でコンディションが良くなかったこと、出遅れから好位をとりにいったことによる敗戦だと考える。
前走海外でなければ本命だったんだがなあ。。。海外帰りは割り引きというのがポリシー。
しかし、追い切りは1週前からしっかりと負荷をかけられており、前走減った馬体は回復して具合は良いと陣営は言っている。
高評価したい1頭。

9.サトノクラウン
サトノクラウンとダンビュライトは似ていると思っている。最高速は速くなく、長く脚を使う。
この馬は道悪巧者と言われることが多いが、本質としては、キレに弱く持続力勝負が得意で時計がかかる展開に強いので、結果として道悪で好走できるのだと思う。
なので良馬場でもそのような展開になれば好走できるはず、という持論。
昨年の宝塚記念を勝ったことからも、舞台適性は抜群。ただし、今回はドバイ帰り。
ドバイ帰りは超長距離輸送かつ検疫により馬にかなりの負担がかかる。ドバイ帰りの馬は極端に成績が悪い。
追い切りも悪くないだけに、その点だけがかなり気がかり。押さえの扱いとなるかと。

10.ヴィブロス
この馬もドバイ帰り。また、正直適性がよく分からない。ドバイでは強いものの日本での実績はそこまで目を見張るものはないと思う。
ただし、道悪適性も阪神適性もよく分からない以上、押さえざるをえないかなあ、と。

11.サイモンラムセス
ここ2戦逃げて結果を残しているが、緩く逃げてスッとギアチェンジをして逃げ切ったもの。また、条件戦。
今回それほど楽に逃げ続けられるとは考えづらいし、ギアチェンジを使える展開にはならなさそう。

12.タツゴウゲキ
前走は長期休み明けかつ出遅れで参考外とする。
その前2走は馬場と展開を味方にうまく走ったかな、という印象。
垂水Sでシルバーステートの0.2秒差というのはある程度評価したい。
このメンバー相手にどこまでやれるかというのは未知数なので消しと断定するのは難しい。
三連係なら押さえても。

13.ワーザー
道悪は非常に得意。実績もある。遠征がどうかだが、それは走ってみないと分からない(笑)
前走は60キロ背負っているし、1600メートルということで負けて仕方なし。この距離延長はいつものパターン。
調教後の馬体重が前走時に比べて大きく減っているところが気がかり。当日の馬体重が悪くなければ重視したい。

14.スマートレイアー
だんだんとズブさを見せるようになっており、前走天皇賞・春ではスピードに乗ってからは良い脚を見せ、上がり2位。
このズブさから京都コースが合うのだろう。
今回は距離が少し短い気はする。
近走は相手が強かったが今回はこれまでよりは楽になりそう。明確な買い要素はないが。。。
押さえたい馬が多すぎるというのが悩ましい。。。

15.ゼーヴィント
ディープ産駒らしくないように思う。母系が出でいるのだろうか。
母父ブライアンズタイム。すなわちスピードの持続力、タフさ。良い。
前々走は骨折明けで参考外。前走は直線で進路を失い、うまく追えずの敗戦。上積みは期待できる。
小回り向きで、陣営は右回り向きと言っていることからも。前走よりも明らかに条件は良い。
道悪に関しては、母系が強く出ているならばうまく走れて不思議ではない。
ここは重視。

16.キセキ
田んぼで走った菊花賞の後香港行くって聞いた時、休ませてあげろよ、って思った。さすがに酷。
馬がおかしくなる可能性もある。
菊花賞はあまりにも馬場が特殊だったので、よく分からない。
前走は明らかに折り合ってなかった。一戦だけ走って休養。
陣営は状態を戻すのにかなり苦労してそう。
あまりにも不安が大きいのに人気になるようなら買えない。

 

予想印
◎15ゼーヴィント
〇13ワーザー
▲8ダンビュライト
△9サトノクラウン
☆1ステファノス,7パフォーマプロミス
※5,10,12,14

2連系は☆まで、3連係は※までで広く買いたい。
上位人気馬に不安要素が多く、大荒れまで見込めるので。
荒れたレース当てられたら心底気持ち良いだろうなあ。。。

NHKマイルカップ 2018

NHKマイルカップ 予想

展開(願望)
テトラドラクマが前走のように好発を決めて速いペースに持ち込むという流れを予想。というか願望。もしくはカシアスがしっかり逃げてペースを流してもいい。
平均〜スローになる可能性もあるけど、それを考えてたら予想が難しい、というかできない。ということで、ハイペースを前提に予想。

1.カツジ
平均ペースくらいで走るのがベストくらいかと。前走NZTは初めて後方からの競馬だったが完全に外伸び馬場だったのであまりにも嵌った感。そして前走かなり絞っていてメイチだった感も否めない。適性は悪くはないかと思うけど、人気ほどは買いたくない。今の東京は外伸び高速馬場なので1枠1番ってのもなあ。

2.ファストアプローチ
この馬の適性とか好走レンジは読み解けなかった。ただ、父父New Approach、母父Marjuと聞くと距離適性はもっと長いところなのではないかなと思ったり。買いづらい。

3.テトラドラクマ
前走クイーンカップが鞍上も含めてロゴタイプにしか見えなかった。マイルでハイペースに持ち込んで後続の脚を削って自分は最後にもうひと伸びするっていう。田辺騎手はロゴタイプでそのパターンは手の内に入れただろうし、同じ乗り方をしたいと思う。ハイペース、ロンスパに持ち込めば間違いなく強い。ただし今の東京が高速馬場なのでハイペースに持ち込んだつもりが平均ペースだったみたいなこともありそう。しかし個人的には期待の1頭。田辺騎手頼む、ロゴタイプしてくれ。

4.フロンティア
ダイワメジャー産駒の牝馬は平均〜ハイペースで先行して最後にひと伸びというのが理想パターンだと思っている。レーヌミノル桜花賞とか函館スプリントSスプリンターズSソルヴェイグとか。この馬にもそのパターンが当てはまるかは分からないが、ハイペース前提で予想するなら突然の一発も一考かと。しかしながらこれまでの相手レベルが低い気がするので…。

5.プリモシーン
直線しっかり弾ける馬。ハイペース適性はまだ分からないが、前走のチグハグな競馬での凡走で人気を落とすようなら買い目に入れたい。ワケあり凡走の次走は買うというのが信条なので。

6.リョーノテソーロ
去年のリエノテソーロのことがあるので怖いところだが、前走NZTで外から伸びきれないところを見ると買いづらい。距離はもう少し短めがよさそうか。

7.タワーオブロンドン
本質的にベストパフォーマンスを発揮できるのは1400メートルくらいかなと。前走1600で勝てたのは直線向いても前と外に馬がいて追えず、結果的に脚をしっかり溜めながら馬場の良いところに出せたから、というイメージ。ハイペースは問題ないが、直線でのギアチェンジで抜き去る競馬が理想も、今回私の予想ではハイペースで終始淡々と流れるレースを期待しているので、今回は危険な人気馬として扱いたいところ。ギアチェンジの必要ないレースでダブルシャープに負けていることもあるので。

8ダノンスマッシュ

基本的にタフな展開よりもギアチェンジ戦が得意そう。そうすると今回の予想では印はつけられない。もしスローからのギアチェンジ戦になるようなら激走あってもとは思うが。

9.ギベオン

これまでの3戦すべてスローからのギアチェンジ戦。ハイペース適性、ロンスパ適性は未知数。それでこの人気なら不安視したい。未知数で人気なら不安視、未知数で不人気なら可能性に賭けるというのが馬券の妙味を狙うというものだと思っているので。

10.パクスアメリカーナ
新馬戦、未勝利戦とスローからのギアチェンジ戦で敗戦。その後2戦ハイペースで連勝。ハイペース、タフなレースに適性がある。そしてこのレースに相性の良い気がするクロフネ産駒。前走タワーオブロンドンの恵まれた状況がなければ勝っただろうし、ここは重視。高速馬場に対応できるかが鍵だが、うまくやってほしい。ラップ、ペースで予想するならテトラドラクマとセットみたいなとこある。

11.ケイアイノーテック
ハイペースおよびロンスパはある程度こなせそう。ただし、カツジと同じく前走は展開ハマった感あるし、メイチだったような気もする。この人気なら抑えてみてもいいかな、というところ。これまで乗った騎手からの評価はかなり高いので、素質はあるのだろう。

12.アンコールプリュ
新馬戦、フィリーズレビューのラップ見ると今回も買いたくなってしまう。1600走れるか分からんし、前走しっかり負けてるのになあ。枠、調教は悪くないものの高速馬場で後ろからさせるのか。この人気なら、、、とか思って買ってしまうから私は競馬ヘタクソなんだろうなあ。

13.ルーカス
血統的に晩成かつ距離適性はもっと長いところだと思う。素質があるのは分かるけど、まだ買い時ではない、と思うしかない。買い目増えすぎちゃうからね。きたら仕方ない。

14.デルタバローズ
京成杯掛かって凡走でNZT好走なので距離1600は良いのだろう。NZTで内目から粘って3着はそれなりに評価したい。とか言って人気薄の馬を無理やり評価してしまうのは私の悪い癖。でも、アメリカ血統だからハイペースには強いだろうし、バシシュー好きだし、買いたくなっちゃう。穴党の性分。

15.カシアス
適性は1200〜1400だと思う。キンシャサノキセキ産駒は1600以上で買わないっていう信条があるので、ここは買えない。もはや宗教的理由みたいなもん。

16.ミスターメロディ
前走のラップ見ると抑えたくなってしまう。そろそろ予想が疲れてくる頃なので頭が回ってない。アメリカ血統だしハイペースには強いはず、だが、高速馬場だしなあ。距離も分からん。抑えるか抑えないかの瀬戸際。

17.レッドヴェイロン
アーリントン好走してこの人気なら抑えたくなる。スタート決めたらうまく嵌ってくれても…。もう競馬難しいよ…。

18.ロックディスタウン
ここまで4戦連続1番人気で、今回11番人気だって。競馬おもしろいね。
素質はあるものの掛かってしまって話にならないタイプ。短縮とはいえども、これ買ってたらキリがないなあという感じ。考え方によってはこの人気で買えるというのもあるけど、競馬を覚えさせてからかなあ。。

 

◎テトラドラクマ

○パクスアメリカーナ

▲ケイアイノーテック

△プリモシーン

☆12,14,16,17

◎‐○本線、基本は△まで。

三連系買うなら☆まで。こんなもんで。

大阪杯 2018

展開はちょっとスローからの早めの動き出しってところかと。

ウインブライト、ダンビュライトあたりが早めに動いてくれたらいいな。

①ミッキースワロー

この馬の得意なパターンはセントライト記念を見てわかるように、ラスト2~3ハロンの瞬発力戦。一方で長く脚を使わされる展開になるとよくない。AJCCはノリさんがうまく乗ったもの。今回は得意な展開にはならないと思われる。

サトノダイヤモンド

金鯱賞3着だが、ゴールを過ぎてからも伸びていた。だが、裏を返せば坂で加速できない可能性は高い。ゴール前に坂が待つ阪神コースでうまく加速して差し切れるか。鞍上戸崎は早く動き出すタイプではない気がするので、脚を余して終わる可能性も。

ヤマカツエース

瞬発力のある馬ではなくインコースをうまく立ち回って伸ばしたい。内枠はありがたい。去年の3着馬であり、コース適性があるのは間違いない。叩き2戦目で良化して、インをうまく立ち回れば一発あっても。ただ、前走金鯱賞のパフォーマンスが物足りない気がするというところはある。。。

シュヴァルグラン

通算成績7,5,6,5の安定感。先行力もあり、展開にそれほど左右されないところが強みか。ただ、距離適性はもっと長いところで、今回は距離が足りないのでは・・・。追い切りは脚の運びがばらばらだとか。

ペルシアンナイト

皐月賞マイルCSデムーロの好騎乗による好走。前走は仕上げてない上に位置取りが後ろすぎて届かずなので上積みはありそうだが、マイルが適正距離だと思う上に、デムーロの好騎乗が欲しいところが微妙。枠は悪くないが。掛かる可能性も大きいので。

スマートレイアー

前残り馬場の鳴尾記念で上り最速2着の後に京都大賞典で勝ったように、まだ衰えはなさそう。エリ女は道中位置取りがズルズル下がってそこからもう一度上がってきたものなので悲観するものではないかと。ただ、今回香港帰りの休み明け1戦目ということが懸念。ただ、去年香港帰りで京都記念2着、休み明けは苦にしないタイプなので、これほど人気がないなら一考してもいいかも。

ゴールドアクター

武豊が「深刻」といったほどなのでかなり深刻と思われる。買いたくない。

アルアイン

セントライト記念でミッキースワローに負けたものの、完全にミッキースワローに合う展開となっていたもの。京都記念は前哨戦仕上げだったものの、長く脚を使わされる展開でしっかり走っており、安定感がある。距離短縮も良いと思う。坂も良い。

⑨トリオンフ

3連勝で小倉大賞典を勝ったが、その勝ちっぷりはよかった。先行力があるのは良いところ。コーナーで加速して直線向いた時には先頭に並ぶ競馬は展開に合う気がする。しかしこれまでの勝ち鞍はすべて平坦コースなので、坂コースの重賞でどこまで最後伸びるかは未知数。分からない。

サトノノブレス

阪神2000メートルのレコードホルダー。前走はスローからうまく残したが、本来レコードを残したように流れたペースからもしっかり走れていた。追い切りも良いらしいし、見限れないか。

⑪ウインブライト

アチェンジが必要ないレースで好走する馬。今回ギアチェンジが必要ない流れならチャンスあるかと。自分から動いてもいい。

⑫ヤマカツライデン

さすがにここでは実力不足か。

⑬マサハヤドリーム

同上。

⑭ダンビュライト

流れたペースから直線で一脚使えるのが良いところ。最高速はないので、キレ勝負には弱い。

よどみない流れならチャンスあるかと。

⑮スワーヴリチャード

強いけど、右回りでは手前替えなかったり内にもたれたりするのがあまりにも課題。オッズに対して不安が大きい気が。

⑯メートルダール

この馬は、、、よく分からない。2000メートルは良いと思う。直線は長いほうが良いのかな。。。前走は不甲斐ない結果だったが叩き2戦目でどうなるか。

 

結論

何買えばいいか分からない。

アルアインを軸に広く流すか。

人気どころに不安や課題はあるものの、どうしても買いたいような穴馬もいない。

少額だけ買う。